ハンディサナの保育士転職

働きながら新しい仕事を探す

保育士求人

保育士は年度途中で転職しても問題ないか?

投稿日:

保育士は年度途中で転職しても問題ないか?

保育士は、0歳児から小学校に上がるまでの子どもを保育する仕事の事を指します。保育士の役割として、仕事をしている親にかわり日常生活のしつけや保育を行うこと、学習面や友達との関係づくりなど教育を行うことがあります。近年は働く女性が増えたこともあり保育士の需要は高くなっています。

クラス担任の保育士について

保育士は1クラスに複数の担任がいます。これは厚生労働省が2歳児には3人など、子どもの人数に応じて保育士の数を決めているからです。通常の保育園では正担任、副担任、そして子育て経験のあるママさん保育士が付くことが多く、家庭での悩みを受け入れられる体制を整えています。

年度途中での保育士退職について

様々な理由で年度途中で転職をしたいと思うことがあります。転職をしても問題がないかと考えますが、担任を持っている場合は控えた方が良いでしょう。担任はクラスを作る立場であり、年間のクラス目標も決められています。また、一人一人の目標もあるため、引き継ぎが大変難しいです。

また、子どもたちも途中で担任が変わることにより、新しい環境となるため動揺することが増えてしまいます。病気などやむを得ない場合を除き年度途中の転職は控えるようにします。

パートであっても退職時期は選んだほうが無難

パートなど臨時で保育園で勤務している場合は、園長など責任のある方と相談をするようにします。補助的な意味合いでクラスに入っている場合はさほど子どもに影響はありません。ですが、保育園では3月を一つの区切りとしているため、パートなど臨時であっても極力控えた方が無難です。

-保育士求人
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

モンテッソーリ教育の保育園で働くメリットとデメリット

モンテッソーリ教育の保育園で働くメリットとデメリット

モンテッソーリ教育というのを知っていますか?モンテッソーリ教育を受けることによって、子供は集中力がついたり、五感が発達したり、自主性が身に付くと言われています。モンテッソーリ教育を取り入れている保育園 …

慣らし保育で保育士が心がけること

慣らし保育で保育士が心がけること

保育園に初めて入る子供は、不安でいっぱいです。初めて親と離れて生活するわけですから、保育士としても慣らし保育を通じてフォローする必要があります。 では、どんなことに気をつければいいのでしょう? 見出し …

保育園におけるヨコミネ式教育法とは?

保育園におけるヨコミネ式教育法とは?

ヨコミネ式教育法を聞いたことがありますか?プロゴルファーの横峯さくらさんの伯父にあたる、横峯吉文氏が考案した教育法です。 子供はみんな天才だという考えのもと、子供の持っている可能性を最大限引き出そうと …

保育士が転職して保育士派遣として働く理由

保育士が転職して保育士派遣として働く理由

近年では、子供たちと楽しく遊びながら安全な保育が求められ、保育士の果たす役割が大きくなってきています。 専門的な知識や高度なスキルを身につけた保育士は、病院や公共施設、一般企業などさまざまな場所で需要 …

保育士の転職フェアに参加しよう

保育士の転職フェアに参加しよう

保育士が転職を考える際には、さまざまな準備が必要になります。現在勤めている保育所の作業をしっかり仕上げることは必要になりますし、また引き継ぐべき作業があるのであればその引き継ぎも行わなくてはなりません …