ハンディサナの保育士転職

働きながら新しい仕事を探す

保育士求人

保育士が悩まされる職業病

投稿日:2016年4月2日 更新日:

保育士が悩まされる職業病

どんな職業をしていても、職業病というのは少なからずあることです。保育士をしている方も経験があるかもしれませんね。
保育士の職業病ってどんなものがあるのでしょうか?

肩こりや腰痛

これは多くの人が経験しているのではないでしょうか。子供を毎日抱っこしますし、イベントの準備などで重い物を持つ機会も多いです。
気をつけていても、肩こりや腰痛になってしまう保育士は多いです。
軽い場合なら湿布を貼ったり薬を塗って治せますが、放っておくと病院に通わないといけないくらい重症になってしまうこともあります。
早め早めに対処してください。

のどの痛み

保育士は、毎日声を張り上げる機会があります。
子供の声は高くて大きいですから、指示を通そうと思うと、ついつい大声になってしまいますね。毎日のことになると、声を枯らしてしまうこともあります。
どうしても大きい声が出ない時は、無理をせずにメガホンを使う方法もありますよ。
また、のど飴をなめたり、乾燥しないように気をつけてください。

ストレスを抱えてしまう

どんな仕事をしていてもストレスはありますが、保育士は特にストレスを溜めやすい職業かもしれません。
子供に関することから、保護者との関係、職員同士の人間関係など様々です。
学級運営がうまくいかなくて悩んだり、無理なお願いをしてくる保護者がいて対応に困ったりすることも多いです。
職員は女性が多いので、グループができたりトラブルが起きたりすることもあります。

子供を観察してしまう

プライベートで子供が多い場所に行った時などに起こります。無意識のうちに子供や保護者を観察してしまうのです。
そして保護者に対して、「もっとこういう対応があるのに」などと思ってしまうことも少なくないでしょう。
プライベートなので、仕事のことは忘れて楽しみたいですよね。

まとめ

真面目で頑張り過ぎてしまう人ほど、自分の体に無理をしてしまいます。
疲れたなと感じたら、体をケアしたり、心をリフレッシュしたりする時間を大切にしてくださいね。

-保育士求人
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

保育士は年度途中で転職しても問題ないか?

保育士は年度途中で転職しても問題ないか?

保育士は、0歳児から小学校に上がるまでの子どもを保育する仕事の事を指します。保育士の役割として、仕事をしている親にかわり日常生活のしつけや保育を行うこと、学習面や友達との関係づくりなど教育を行うことが …

保育士の転職フェアに参加しよう

保育士の転職フェアに参加しよう

保育士が転職を考える際には、さまざまな準備が必要になります。現在勤めている保育所の作業をしっかり仕上げることは必要になりますし、また引き継ぐべき作業があるのであればその引き継ぎも行わなくてはなりません …

保育士が転職して保育士派遣として働く理由

保育士が転職して保育士派遣として働く理由

近年では、子供たちと楽しく遊びながら安全な保育が求められ、保育士の果たす役割が大きくなってきています。 専門的な知識や高度なスキルを身につけた保育士は、病院や公共施設、一般企業などさまざまな場所で需要 …

慣らし保育で保育士が心がけること

慣らし保育で保育士が心がけること

保育園に初めて入る子供は、不安でいっぱいです。初めて親と離れて生活するわけですから、保育士としても慣らし保育を通じてフォローする必要があります。 では、どんなことに気をつければいいのでしょう? 見出し …

保育園におけるヨコミネ式教育法とは?

保育園におけるヨコミネ式教育法とは?

ヨコミネ式教育法を聞いたことがありますか?プロゴルファーの横峯さくらさんの伯父にあたる、横峯吉文氏が考案した教育法です。 子供はみんな天才だという考えのもと、子供の持っている可能性を最大限引き出そうと …