ハンディサナの保育士転職

働きながら新しい仕事を探す

保育士求人

保育士として転職するなら人間関係が良好なオープニングを狙え

投稿日:2016年2月11日 更新日:

保育士として転職するなら人間関係が良好なオープニングを狙え

保育園を転職をしたいと思ったことはありませんか?人それぞれ、転職する理由は異なりますよね。
では転職するなら、おすすめの条件などはあるのでしょうか?
数は少ないかもしれませんが、オープニングの保育園がありますよね。転職するならオープニングの保育園がおすすめです。
その理由を見ていきましょう。

人間関係が構築しやすい

オープニングなので、これから職員同士の人間関係や立場も出来ていきます。
もちろん、主任の先生などは決まっていますが、そうでない先生にとっては、みんなが同じ立場からのスタートになります。
グループや派閥などがない状態なので、自分の心がけ次第でいい人間関係を築けますので、働きやすいと言えます。
みんなが対等な同期なので、保育に困ったときの相談などもしやすいです。いい意味で刺激を受けて、よりよい保育ができるのではないでしょうか。

子供との関係を築きやすい

子供も、新しく入ってくる子供ばかりです。はじめは緊張していたりすると思いますが、保育園の保育方針で保育がしやすいとも言えます。
園の特色がはっきりしていれば、その通りの対応をすることで子供を園の方針になじませることができます。
そうすると、子供をまとめやすくなり、よりよい保育をすることもできます。

保護者との関係も築きやすい

保護者も、初めての園なので、どんな方針でどんな保育をする園なのか様子を見ている状態です。
そのため、保育士の方から子供のことを聞いたりすることも必要ですし、また保護者から質問されることもあるでしょう。
そのやりとりをしていく内に、信頼関係を築きやすいです。
また、保護者の意見によって保育園側では気づかなかったことに気づけるかもしれません。オープニングだからこそ、柔軟に対応を決めることもできますね。

まとめ

オープニングの保育園がおすすめな理由について見てきましたが、いかがでしょうか。
オープニングゆえに、方針などがはっきり決まっていなくて、子供や保護者に対してどのような対応をすればいいのか迷うこともあるかもしれません。
でも試行錯誤しながら保育をするのは、新たな発見などがあって視野が広がるかもしれませんよ。
ぜひ、考えてみてください。

-保育士求人
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

男性保育士が生き残るためのイロハ

男性保育士が生き残るためのイロハ

近年では、男性の保育士も増えてきました。保育士というと女性のイメージでしたが、最近は男性保育士に対する認知度が高まってきましたね。 とは言っても、やはり女性が中心の職業であることには変わりありません。 …

保育士は年度途中で転職しても問題ないか?

保育士は年度途中で転職しても問題ないか?

保育士は、0歳児から小学校に上がるまでの子どもを保育する仕事の事を指します。保育士の役割として、仕事をしている親にかわり日常生活のしつけや保育を行うこと、学習面や友達との関係づくりなど教育を行うことが …

保育士が悩まされる職業病

保育士が悩まされる職業病

どんな職業をしていても、職業病というのは少なからずあることです。保育士をしている方も経験があるかもしれませんね。 保育士の職業病ってどんなものがあるのでしょうか? 見出し肩こりや腰痛のどの痛みストレス …

保育士として働くために上京する方が抑えたい仕事探しのポイント

保育士として働くために上京する方が抑えたい仕事探しのポイント

東京での暮らしには憧れますよね!都会でおしゃれなお店もたくさんあって、とても便利です。 東京で働きながら、充実したプライベートも過ごしたい!そう思う人もいるのではないでしょうか。。 見出し東京で働くっ …

保育園におけるヨコミネ式教育法とは?

保育園におけるヨコミネ式教育法とは?

ヨコミネ式教育法を聞いたことがありますか?プロゴルファーの横峯さくらさんの伯父にあたる、横峯吉文氏が考案した教育法です。 子供はみんな天才だという考えのもと、子供の持っている可能性を最大限引き出そうと …